「溢れたエロス」完結記念

「溢れたエロス」完結記念

こちらのキャンペーンは終了しました

作品一覧

その他

「私はただ、気持ちいいセックスがしたいだけ」柚木真奈、性欲強めな32歳。同期の村田とはセフレとして割り切った関係を楽しんでいたが、ある日会社でセックスしている所を社内一の堅物上司・沢村に見られてしまう…! その日から、沢村に近づくたびにドキドキして、体は勝手に反応して…!? 「もう一回、しませんか?」 苦手な上司のはずなのに、もっと触れたくなって――

その他

「ねぇ…私のこと、抱きたいでしょ?」
友人の彼女であるお金持ちの聖菜と苦学生の裕典。美しい聖菜から目を離せずにいたら、彼女は不意に妖艶な微笑みを浮かべた。そして裕典にとって危険な誘惑が始まり……。
「俺には…最愛の彼女がいるのに…!」ダメだとわかっていても、禁断の逢瀬を止めることができない…!
誘惑の深みへとはまっていく裕典を待ち受けるものとは――?

その他

一回のセックスで300円。貯めた金額、20万円。「抜け出す…この地獄から…」――5歳で両親に捨てられ、児童養護施設で育った希望(のぞみ)。彼女は、夜ごと男たちに奉仕する悪夢のような日々を送っていた。二十歳のある夜、ついに施設を脱走した希望は、外の世界で出会った男・前澤と恋に落ちる。好きな人に抱かれる喜び、二人で未来を語り合う幸せ。…しかし、希望は知らなかった――それが、さらなる地獄の始まりだということを。

その他

「彼女の乱れていく表情を見てみたい… 」――性欲旺盛だけど童貞で彼女もいない21歳、川下慎之介。そんな彼の部屋に、高校時代の親友・倫太郎が転がり込んできた。しかも、エロエロな彼女・由衣を連れて――! 慎之介の目の前で親友カップルはイチャつきまくり。夜は由衣の喘ぎ声が隣の部屋から筒抜け……。童貞にはつらすぎる日々を送っていたある日、倫太郎が仕事でしばらく帰れないという。つまり俺は…エロすぎる親友の彼女と二人きり!?

その他

15年来の幼馴染である未央と公平。愚痴を言い合い、下ネタで盛り上がる――二人は、男と女でありながら『親友』だった。しかしその関係は、彼氏に裏切られた未央が公平の家に転がり込んできた日から一変する。傷心の未央に添い寝していると…彼女の太ももが股間に当たる! 柔らかそうな胸元が目の前に! 必死に理性を保とうとする公平に、未央が囁く。「公平の“それ”…私に入れてくれない?」

その他

底辺の女たちに悪魔が囁く――「ようこそ新規事業説明会へ。その名も…“ハニートラップ”!」借金、暴力、裏切り、自殺…生きる希望もなく人生のどん底にいる4人の女たちの前に現れた、中国語を話す謎の男とその部下。男たちはとある違法ビジネスを提案する。「俺らと組めば、大金が手に入る」オンナの武器を駆使して、お金持ちから心、身体、金…その全てを奪い尽くそうとするも――!?

その他

介護士の早川梓(あずさ)は、住み込みの仕事で郊外の豪邸・朝比奈家で働くことになった。その家で出会ったのは、好奇心旺盛な美少女・諒(りょう)。彼女は超厳格かつ男嫌いの母親に育てられたせいか、【男の身体】に興味津々!彼女との接触は禁止されているのに、やけに積極的に迫られて…。「私…もっと梓さんのこと、知りたいです…」果たして梓はこの誘惑に抗うことが出来るのか――!?

恋愛・ラブコメ

「彼女の乱れていく表情を見てみたい…」――性欲旺盛だけど童貞で彼女もいない21歳、川下慎之介。そんな彼の部屋に、高校時代の親友・倫太郎が転がり込んできた。しかも、エロエロな彼女・由衣を連れて――! 慎之介の目の前で親友カップルはイチャつきまくりで、童貞にはつらすぎる日々を送っていたある日、倫太郎が仕事でしばらく帰れないという。つまり俺は…エロすぎる親友の彼女と二人きり!?【※この作品は「同居」の過激な表現を抑えた再編集版です。重複購入にご注意ください。】

その他

「やだ…な、何これ…!?」仕事も順調で、イケメン研修医の太一と結婚を控え、充実した日々を送っている優里香。そんな彼女の元にある日差出人不明のUSBが届けられた。その中には、なんと元彼とセックスしている動画が…!?「こんなものが他の人にも送られたら…早く何とかしなくちゃ…!」焦る優里香をあざ笑うかのように、彼女の身体を狙う男たちの元へ動画は次々と拡散されていき――理性を無くした彼らは獣となって欲望のまま優里香へ襲い掛かる…!

その他

「奥様…帰ってこないの?」次々と迫りくる誘惑に、雄作の理性は――とあるマンションへ引っ越してきた主夫・雄作とその妻・茜。しかし二人の関係は冷え切っていて、すれ違いの日々を過ごしていた。そんなある日、隣人に誘われて婦人会のお茶会へ。そこで雄作を待っていたのは、美しい人妻達からの誘惑の日々だった!「私…週末まで一人なんです」本能のまま肉欲に溺れていく日々に、わずかに残った罪悪感の糸は切れ、雄作は引き返すことの出来ない快楽の沼へと落ちてゆく――