花の嘘<醜悪悲哀姉妹伝>(分冊版)

本編を読む
花の嘘<醜悪悲哀姉妹伝>(分冊版)

あらすじ/作品情報

1945年、古沢梅子14歳・古沢菊子12歳は、東京行きの汽車に乗っていた。貧乏のせいで都会に売られていく姉妹の顔は、姉の梅子はカエル醜女顔。妹の菊子は美しい顔の半分が火傷でただれ、村ではバケモノ姉妹といわれ忌み嫌われイジメられていた。そんな菊子をいつも守ってくれたのは梅子で、菊子は梅子を誰よりも慕っていた。しかし菊子を守る梅子の優しさは偽りで、顔が美しいだけで母から大事にされた菊子への復讐へのプロローグだった――。昭和を舞台に繰り広げられる、顔面格差姉妹の愛憎劇の行方は――!? ※この作品は『ダークネスな女たち Vol.18』に収録されています。重複購入にご注意ください。

タイトル
花の嘘<醜悪悲哀姉妹伝>(分冊版)
作者
ジャンル
女性ヒューマンドラマ
掲載誌
ダークネスな女たち
出版社
ぶんか社
配信数
5巻配信中

毎週金曜更新!書店員激推し特集

\こちらもおすすめ/


ハズレなし!! 絶対面白いマンガがてんこ盛り★書店員激推し特集を全部見る

最近チェックしたもの