湊ゆう&明日葉もふ 新刊配信記念 お梅雨で湿ったハートへ直撃! プレステージ出版キャンペーン

湊ゆう&明日葉もふ 新刊配信記念  お梅雨で湿ったハートへ直撃! プレステージ出版キャンペーン

こちらのキャンペーンは終了しました

作品一覧

大人向け

国から独立した街に引っ越してきた僕は、
転入手続き中、女性の喘ぎ声を聞いてしまう。

(さすがに…こんな場所で…)

担当のお姉さんに、聞いてみると

なんと、この街は


『ポイントを貯めるとエッチなことができる街』だった!!


目に見える『いいこと』をすると、自動的にポイントが溜まり
特別なブレスレットを付けている対象者と、エッチなことができるらしい…

入会特典のポイントで、担当のお姉さんに手コキをしてもらった僕は
もっと色々シたくなってきた…

しかし、これ以上はもうポイントがない…


~僕はポイントを貯めて本番をすると心に決めた~

果たして 憧れの担当のお姉さんとSEXまでたどり着けるのか!?

お姉さんとシよ?~えちんぽカードでやりたい放題~

大人向け

みこくのほまれ先生の大人気作『クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ』が堪能できる電子単行本がリリース!!!!

■あらすじ
幼馴染の2人森田直影と桐ノ院綾乃!!
2人は進学してから距離ができてしまっていた。

直影は、大人しい性格と地味な見た目から静かに暮らしていた。
一方、綾乃はクラス一番の美人で、常に無表情でクールに振舞うボスギャルのような存在。

中学卒業までは、泣いたり笑ったり表情豊かだったのに、何かあったのかもしれない…

ボスギャルこと綾乃の変化の理由とは!!
直影にだけ見せる綾乃の表情や姿に読む手が止められない。

きゅんきゅんいっぱい。色気たっぷりの誰もが夢みる青春ラブストーリーを是非ご愛読ください。

プレステージ出版お勧めの新作単行本。

■収録作品
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(1)】
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(2)】
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(3)】
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(4)】
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(5)】
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(6)】
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(7)】
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(8)】

大人向け

親父ゆずりの抜群なマッサージテクニックを持つタダシ。
そんなタダシの蕩けるようなマッサージにイキまくる
3人のむっちり女性達。第一話のターゲットはタダシの友達
ユウトの姉、「林コノミ」。格ゲーで負けた罰ゲームとして
コノミのマッサージを行うタダシ。マッサージの天才タダシ
のほぐしにコノミは徐々に快楽へと導かれていってしまう。
マッサージは徐々にエロの領域へ。笑 全身性感帯のコノミ。
何も抗うことが出来ないまま何度もイキ果ててしまう。

大人向け

「あぁ…ッ、お、義父さんっ…ゆ、ゆっくり…っ!」

義父はむしゃぶりつくようにエミリの秘部を舐め回す。
すぐに膣口からは愛液が溢れ、はち切れんばかりに勃起した肉棒を受け入れる準備が出来上がる。
興奮を抑えられない義父は熱い肉棒をぱっくりと口を開けた淫部へゆっくりと挿入し…。

「これ…エミリさんだろう…?」
義父が見せてきたスマホの画面には信じられないものが映っていた。
先日、即金での高額謝礼につられて動画に撮られてしまったAVを義父に見つかってしまったのだ。
義父は秘密にする替わりに5万で抱かせてくれと要求してきた。
これ以上ない弱みを握られたエミリは断ることもできず、義父の要求を呑むことに…。

大人向け

まだ蒸し暑さの残る夏の終わり

仕事で溜まったストレスと、そして性欲を発散するために
マッチングアプリで女の子と会う約束をした

待っていた女の子は・・・
〇学生だった・・・

マズいと思い、断ろうとするもウソ泣きに騙され結局ホテルへ

速攻で脱ぎだし露わになるパンツに興奮が抑えきれない

「〇学生のパンツっ  た、たまらん」


どうしたものかと戸惑い硬直していると
ベルトに手をかけ、脱がせ始める

ぺろぺろと俺のイチモツを舐め始め、小さな口で
ちゅぷちゅぷぢゅぷぢゅぷと音を出しながら頑張って頬張る姿に
早々に射精してしまう。
そして口内に吐き出したソレをそのまま飲み込む

こういう事は結構しているらしく
お金というより、毎日のもやもやを発散するためにしていると。

ストレスに年齢は関係ないらしい。

お互い裸になったのち、彼女の身体を堪能する
反応もめちゃめちゃいい。
アへ顔もたまらん。

何度も何度も時間の許す限り彼女の身体を堪能して…よかった、あの時帰らなくて。

大人向け

国から独立した街に引っ越してきた僕は、
転入手続き中、女性の喘ぎ声を聞いてしまう。

(さすがに…こんな場所で…)

担当のお姉さんに、聞いてみると

なんと、この街は


『ポイントを貯めるとエッチなことができる街』だった!!


目に見える『いいこと』をすると、自動的にポイントが溜まり
特別なブレスレットを付けている対象者と、エッチなことができるらしい…

入会特典のポイントで、担当のお姉さんに手コキをしてもらった僕は
もっと色々シたくなってきた…

しかし、これ以上はもうポイントがない…


~僕はポイントを貯めて本番をすると心に決めた~

果たして 憧れの担当のお姉さんとSEXまでたどり着けるのか!?

お姉さんとシよ?~えちんぽカードでやりたい放題~

大人向け

ある日俺は女の子を拾った
詳しくはわからないが家出をしているらしい

罪悪感はあったものの、
純粋で透き通るような眼差しで助けを求める彼女を、
俺は放っておくことが出来なかった

雨で濡れた身体をシャワーで温め、
大きすぎる俺のシャツに袖を通す

「下着も濡れちゃって…」
そういう彼女からは産毛も生えていない艶やかな“アソコ”が垣間見える。

こんな初心な少女に俺は何を考えているのだ…
だが、俺の身体は自然と反応してしまう
誤魔化すために急いで寝支度を済ませ布団へ

脳裏に焼き付いた少女の“アレ”
冷たい布団とは真逆に俺の気持ちは昂ったままだ

すると小さくやわらかい手が俺のイチモツを包みこむ
華奢な身体を密着させ、少女は耳元で囁いた

「私のせいでこうなっちゃったんでしょ…」

いけないこととわかりつつ俺はそのまま…

その他

空手師範代の人妻つかさは、帰り道に強〇されそうになるも、持ち前の空手で撃退するもスタンガンの前には手も足も出ず拉致されてしまう。車でイラマされたことに気づかないまま、目を覚ますと手・口を拘束された状態であった。徐々に自分の性感帯を探られ犯されているのに何度も何度もイキ落ちてしまう。

大人向け

まだ蒸し暑さの残る夏の終わり

仕事で溜まったストレスと、そして性欲を発散するために
マッチングアプリで女の子と会う約束をした

待っていた女の子は・・・
〇学生だった・・・

マズいと思い、断ろうとするもウソ泣きに騙され結局ホテルへ

速攻で脱ぎだし露わになるパンツに興奮が抑えきれない

「〇学生のパンツっ  た、たまらん」


どうしたものかと戸惑い硬直していると
ベルトに手をかけ、脱がせ始める

ぺろぺろと俺のイチモツを舐め始め、小さな口で
ちゅぷちゅぷぢゅぷぢゅぷと音を出しながら頑張って頬張る姿に
早々に射精してしまう。
そして口内に吐き出したソレをそのまま飲み込む

こういう事は結構しているらしく
お金というより、毎日のもやもやを発散するためにしていると。

ストレスに年齢は関係ないらしい。

お互い裸になったのち、彼女の身体を堪能する
反応もめちゃめちゃいい。
アへ顔もたまらん。

何度も何度も時間の許す限り彼女の身体を堪能して…よかった、あの時帰らなくて。

大人向け

『めっちゃヒクヒクしてる…中あったかい…こんなに出るなんて』

マンガ研究会に所属する速雄は先輩の夏代と一緒に部室で絵の練習中!!
夏代が速雄に描かせていたのはいわゆる「オトナ」のイラスト。
実際に女性のカラダを見た事ない速雄のイラストには全然リアリティがない…
彼のイラストを見た夏代はおもむろに自分の洋服を脱ぎ始め彼に胸を見せ始める。
夏代の行動に驚きを隠せない速雄だったが、夏代の美巨乳と胸の圧に次第に大胆に!
遂には夏代のパンツを脱がして、彼女の秘部を弄り始める。
彼女の秘部にいきり立った肉棒をあてがい、ゆっくりと沈める速雄は
あまりの気持ち良さに我を忘れて、腰を振り続ける…

大人向け

ある冬の物語――。

ギャンブル依存のミナミは、いつも金欠
親戚にも、もうお金は貸してもらえない。

でも甥っ子なら?
お年玉目当てに甥っ子に会いに行ったミナミは

「そのお金ちょっとくれたらさ・・・」
「気持ち良いことしてあげよっか・・・?」
ギンギンになって抵抗できない甥のイチモツをぷちゅ、ちゅぷと嘗め回す。

「もっとビクビクさせちゃおっかな・・・」ずぶりゅ、ぐぽっ、じゅぶ
激しくなっていくフ○ラチオに耐えられなくなって、、、

性欲溢れる甥っ子と、お年玉目当ての変態叔母の関係はいかに、、、

スライスわかめ 待望の新シリーズ!!
お年玉目当てで僕に体を売る叔母さん(前編)

大人向け

ある冬の物語――。

ギャンブル依存のミナミは、いつも金欠
親戚にも、もうお金は貸してもらえない。

でも甥っ子なら?
お年玉目当てに甥っ子に会いに行ったミナミは

「そのお金ちょっとくれたらさ・・・」
「気持ち良いことしてあげよっか・・・?」
ギンギンになって抵抗できない甥のイチモツをぷちゅ、ちゅぷと嘗め回す。

「もっとビクビクさせちゃおっかな・・・」ずぶりゅ、ぐぽっ、じゅぶ
激しくなっていくフ○ラチオに耐えられなくなって、、、

性欲溢れる甥っ子と、お年玉目当ての変態叔母の関係はいかに、、、

スライスわかめ 待望の新シリーズ!!
お年玉目当てで僕に体を売る叔母さん(前編)

大人向け

ある日俺は女の子を拾った
詳しくはわからないが家出をしているらしい

罪悪感はあったものの、
純粋で透き通るような眼差しで助けを求める彼女を、
俺は放っておくことが出来なかった

雨で濡れた身体をシャワーで温め、
大きすぎる俺のシャツに袖を通す

「下着も濡れちゃって…」
そういう彼女からは産毛も生えていない艶やかな“アソコ”が垣間見える。

こんな初心な少女に俺は何を考えているのだ…
だが、俺の身体は自然と反応してしまう
誤魔化すために急いで寝支度を済ませ布団へ

脳裏に焼き付いた少女の“アレ”
冷たい布団とは真逆に俺の気持ちは昂ったままだ

すると小さくやわらかい手が俺のイチモツを包みこむ
華奢な身体を密着させ、少女は耳元で囁いた

「私のせいでこうなっちゃったんでしょ…」

いけないこととわかりつつ俺はそのまま…

ファンタジー・SF

これからあの島で女の子たちと子作りしてください!!

気が付くと船の上…目の前にはスーツ姿の美女…。
状況がまったく理解できないが、「案内人」と名乗るスーツ姿のお姉さん曰く、どうやら大学生の俺は何かの手違いで死んじゃったらしく、お詫びとして異世界?に転生させられたらしい…。
しかも、今から行く島はオスが生まれなくなったから繁殖繁栄のために島にいる女の子たちと子作りしないといけないとか。
急にそんなこと言われても意味わかんないんですけど。
てか、俺まだセックスとかしたことないのに…って、なに脱いでるんですか!!?

いきなり始まった異世界孕ませセックス物語!!【第一話】

大人向け

挨拶もしない不愛想な美少女の、家庭教師をすることになった主人公

「結婚してるの?」 「彼女は?」     
「やっぱいないんだー まーモテなさそうだしね」

“なまいき”な態度の少女は無防備にも、パンツや胸元が見えまくりで…

「ねーおっさんなにそれ」「ぼっきしてんでしょ、それ」
(やばっ バレた?)
「ぼっき見せてよ」
「は?」

「おかーさんに言っちゃおうかなー?」
チクられない為に、少女に従っていく主人公だが

少女の要求は、エスカレートしていき…

「いいよほら なめさせてあげる」
ちゅぱ ちゅぷ  「あっ」「ふぁっ」


なまいきすちゅーでんと!(1)

大人向け

ユミさんは父さんの再婚相手・・・
優しい人だけど一つだけ問題がある、、、

義母さん(かあさん)なのについ想像してしまう・・・
“僕のモノ”にできたら・・・

父さんは単身赴任で家を留守にしている。

そんなある日の夜、、、
ユミさんの部屋から声がする
そっと覗いてみると・・・

『おっ!キクキク! ナオトくんのち〇ぽ欲しい』

あのユミさんが僕のパンツを嗅ぎながら自慰しているっ!!

―――今なら“義母さんを僕のモノ”にできるかもしれない!―――

大人向け

交通事故に合い異世界へとやってきた俺。

この世界では生まれたときから“ジョブ”が与えられる。
期待していた俺に与えられたのは“役立たず(ノージョブ)”だった。

仕方なく美女勇者たちの荷物持ちとしてこき使われていた最中、
元現代人の俺にしか読めない古文書の解読を命令される。

解読に苦戦していた俺は、勇者たちから問い詰められることを
恐れ逃亡を図る。

だが、誤って風呂場に落ちてしまい入浴中の勇者と遭遇する。
焦った俺は唯一覚えていた古文書の呪文を唱えた。

『チョロイン!!』

すると勇者は人が変わったかのように、
裸のまま身体を密着させ豊満な胸を押し付けてきた。

この世界にきて抜いてなかった俺のアレはすぐさま反応してしまい…。



~新連載 『転生ニートの異世界ハーレム作り』 第一話~

大人向け

『すまん… 保護者相談会の書類が間に合わず―――』

教師の岸本由衣は、婚約中の彼氏の同僚から週末予定していた修学旅行の下見旅行を突然キャンセルされてしまった。

落ち込んでいる由衣に対して先輩教師である遠藤英夫(えんどうひでお)が口元をニヤつかせながら、、、

『よかったら僕と修学旅行の下見に行きませんか?』
と声をかけてきた。

一瞬困惑した由衣だったが遠藤に上手いこと丸めこまれ、一緒に泊まりの下見旅行に行くことに…

そんな遠藤の手には『俺の由衣』という名前で保存された盗撮データが、、、

遠藤の思惑通りに進んでいく展開に由衣が待ち受ける運命とは…
巧妙に仕組まれたNTR群像劇の第1夜!

大人向け

~プレステージ出版Presents 期待の大型ルーキー ここに爆誕~

「今日うち親いないの」

幼馴染から恋人同士へと発展してまもなく愛梨が俺にそう告げた

まさか奥手な愛梨から誘ってくれるなんて…

いよいよ二人にとっての初めての刻を迎えることになった
落ち着け…頭の中での予行演習は完璧だ!

しかし終始愛梨にリードされっぱなしで
挙句の果てには自分のパンツを無くすという散々な初体験に

かっこわるいな…俺…

あれ?そういえば挿入した時全く痛がってなかったし、妙に手馴れてたよな
もしかして…浮気!?

でも、愛梨に限ってそんなワケ…ないよな…



彼女には人には言えない’’ひみつ’’がある

「たくさん愛してね…」

’’ナイショ’’だよ。誰にも言っちゃいけない’’ひみつ’’にしてね。



※本編39ページ中 3ページは おまけページになります。

大人向け

――結婚して半年になる俺の妻・柏木サヤ(36)の様子がおかしい…。
ある日の夕食後、横になってスマホを弄っているサヤに目をやると、下着姿の自撮り画像を何者かに送っていたのだ。
不審に思った俺は翌日、サヤを尾行することにした。
そこで俺が見たのは…自ら禿男の股間に手を伸ばし、恍惚の表情で肉棒を根元まで咥え込む妻の姿だった…。

「あっ…んっ、はぁ…そこ……んうっ!」
「デニム越しでもこんなに感じちゃうんだ…サヤさんは敏感だねぇ…。」

カラオケボックスの中で、二人の男女が互いの欲望をさらけ出していた。
すでに女の秘所は分厚いデニム越しからもはっきりとわかるほど濡れており、男はゆっくりと下着の中へ手を入れ、熱く湿った女性器を執拗に刺激していく…。

大人向け

挨拶もしない不愛想な美少女の、家庭教師をすることになった主人公

「結婚してるの?」 「彼女は?」     
「やっぱいないんだー まーモテなさそうだしね」

“なまいき”な態度の少女は無防備にも、パンツや胸元が見えまくりで…

「ねーおっさんなにそれ」「ぼっきしてんでしょ、それ」
(やばっ バレた?)
「ぼっき見せてよ」
「は?」

「おかーさんに言っちゃおうかなー?」
チクられない為に、少女に従っていく主人公だが

少女の要求は、エスカレートしていき…

「いいよほら なめさせてあげる」
ちゅぱ ちゅぷ  「あっ」「ふぁっ」


なまいきすちゅーでんと!(1)

大人向け

『すまん… 保護者相談会の書類が間に合わず―――』

教師の岸本由衣は、婚約中の彼氏の同僚から週末予定していた修学旅行の下見旅行を突然キャンセルされてしまった。

落ち込んでいる由衣に対して先輩教師である遠藤英夫(えんどうひでお)が口元をニヤつかせながら、、、

『よかったら僕と修学旅行の下見に行きませんか?』
と声をかけてきた。

一瞬困惑した由衣だったが遠藤に上手いこと丸めこまれ、一緒に泊まりの下見旅行に行くことに…

そんな遠藤の手には『俺の由衣』という名前で保存された盗撮データが、、、

遠藤の思惑通りに進んでいく展開に由衣が待ち受ける運命とは…
巧妙に仕組まれたNTR群像劇の第1夜!

大人向け

人妻・エミリは怪しげな男・黒野に「モデルになってくれないか」と声をかけられた。
とりあえずどんなモデルなのかと話を聞いてみると、なんと自宅で下着姿の撮影だという。
そんなの無理ですと断ろうとしたが、謝礼はまさかの即金で20万!?
あと少しで主人が帰ってきてしまうという状況の中、高額謝礼の魅力に負けて自宅で撮影がはじまってしまう。
あられもない下着姿を舐め回すように撮影され、徐々に興奮してきてしまったエミリに黒野の手が伸び…。

高額謝礼につられた人妻の淫乱撮影会が密かに開催されるのであった…。

大人向け

交通事故に合い異世界へとやってきた俺。

この世界では生まれたときから“ジョブ”が与えられる。
期待していた俺に与えられたのは“役立たず(ノージョブ)”だった。

仕方なく美女勇者たちの荷物持ちとしてこき使われていた最中、
元現代人の俺にしか読めない古文書の解読を命令される。

解読に苦戦していた俺は、勇者たちから問い詰められることを
恐れ逃亡を図る。

だが、誤って風呂場に落ちてしまい入浴中の勇者と遭遇する。
焦った俺は唯一覚えていた古文書の呪文を唱えた。

『チョロイン!!』

すると勇者は人が変わったかのように、
裸のまま身体を密着させ豊満な胸を押し付けてきた。

この世界にきて抜いてなかった俺のアレはすぐさま反応してしまい…。



~新連載 『転生ニートの異世界ハーレム作り』 第一話~

大人向け

~プレステージ出版Presents 期待の大型ルーキー ここに爆誕~

「今日うち親いないの」

幼馴染から恋人同士へと発展してまもなく愛梨が俺にそう告げた

まさか奥手な愛梨から誘ってくれるなんて…

いよいよ二人にとっての初めての刻を迎えることになった
落ち着け…頭の中での予行演習は完璧だ!

しかし終始愛梨にリードされっぱなしで
挙句の果てには自分のパンツを無くすという散々な初体験に

かっこわるいな…俺…

あれ?そういえば挿入した時全く痛がってなかったし、妙に手馴れてたよな
もしかして…浮気!?

でも、愛梨に限ってそんなワケ…ないよな…



彼女には人には言えない’’ひみつ’’がある

「たくさん愛してね…」

’’ナイショ’’だよ。誰にも言っちゃいけない’’ひみつ’’にしてね。



※本編39ページ中 3ページは おまけページになります。

大人向け

人妻・エミリは怪しげな男・黒野に「モデルになってくれないか」と声をかけられた。
とりあえずどんなモデルなのかと話を聞いてみると、なんと自宅で下着姿の撮影だという。
そんなの無理ですと断ろうとしたが、謝礼はまさかの即金で20万!?
あと少しで主人が帰ってきてしまうという状況の中、高額謝礼の魅力に負けて自宅で撮影がはじまってしまう。
あられもない下着姿を舐め回すように撮影され、徐々に興奮してきてしまったエミリに黒野の手が伸び…。

高額謝礼につられた人妻の淫乱撮影会が密かに開催されるのであった…。

大人向け

ユミさんは父さんの再婚相手・・・
優しい人だけど一つだけ問題がある、、、

義母さん(かあさん)なのについ想像してしまう・・・
“僕のモノ”にできたら・・・

父さんは単身赴任で家を留守にしている。

そんなある日の夜、、、
ユミさんの部屋から声がする
そっと覗いてみると・・・

『おっ!キクキク! ナオトくんのち〇ぽ欲しい』

あのユミさんが僕のパンツを嗅ぎながら自慰しているっ!!

―――今なら“義母さんを僕のモノ”にできるかもしれない!―――

大人向け

――結婚して半年になる俺の妻・柏木サヤ(36)の様子がおかしい…。
ある日の夕食後、横になってスマホを弄っているサヤに目をやると、下着姿の自撮り画像を何者かに送っていたのだ。
不審に思った俺は翌日、サヤを尾行することにした。
そこで俺が見たのは…自ら禿男の股間に手を伸ばし、恍惚の表情で肉棒を根元まで咥え込む妻の姿だった…。

「あっ…んっ、はぁ…そこ……んうっ!」
「デニム越しでもこんなに感じちゃうんだ…サヤさんは敏感だねぇ…。」

カラオケボックスの中で、二人の男女が互いの欲望をさらけ出していた。
すでに女の秘所は分厚いデニム越しからもはっきりとわかるほど濡れており、男はゆっくりと下着の中へ手を入れ、熱く湿った女性器を執拗に刺激していく…。

大人向け

空手師範代の人妻つかさは、帰り道に強〇されそうになるも、持ち前の空手で撃退するもスタンガンの前には手も足も出ず拉致されてしまう。車でイラマされたことに気づかないまま、目を覚ますと手・口を拘束された状態であった。徐々に自分の性感帯を探られ犯されているのに何度も何度もイキ落ちてしまう。

大人向け

みこくのほまれ先生の大人気作『クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ』が堪能できる電子単行本がリリース!!!!

■あらすじ
幼馴染の2人森田直影と桐ノ院綾乃!!
2人は進学してから距離ができてしまっていた。

直影は、大人しい性格と地味な見た目から静かに暮らしていた。
一方、綾乃はクラス一番の美人で、常に無表情でクールに振舞うボスギャルのような存在。

中学卒業までは、泣いたり笑ったり表情豊かだったのに、何かあったのかもしれない…

ボスギャルこと綾乃の変化の理由とは!!
直影にだけ見せる綾乃の表情や姿に読む手が止められない。

きゅんきゅんいっぱい。色気たっぷりの誰もが夢みる青春ラブストーリーを是非ご愛読ください。

プレステージ出版お勧めの新作単行本。

■収録作品
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(1)】
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(2)】
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(3)】
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(4)】
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(5)】
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(6)】
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(7)】
【クラスで一番のボスギャルは僕の前だけかわいいえっちな幼なじみ(8)】

大人向け

「あぁ…ッ、お、義父さんっ…ゆ、ゆっくり…っ!」

義父はむしゃぶりつくようにエミリの秘部を舐め回す。
すぐに膣口からは愛液が溢れ、はち切れんばかりに勃起した肉棒を受け入れる準備が出来上がる。
興奮を抑えられない義父は熱い肉棒をぱっくりと口を開けた淫部へゆっくりと挿入し…。

「これ…エミリさんだろう…?」
義父が見せてきたスマホの画面には信じられないものが映っていた。
先日、即金での高額謝礼につられて動画に撮られてしまったAVを義父に見つかってしまったのだ。
義父は秘密にする替わりに5万で抱かせてくれと要求してきた。
これ以上ない弱みを握られたエミリは断ることもできず、義父の要求を呑むことに…。

ファンタジー・SF

これからあの島で女の子たちと子作りしてください!!

気が付くと船の上…目の前にはスーツ姿の美女…。
状況がまったく理解できないが、「案内人」と名乗るスーツ姿のお姉さん曰く、どうやら大学生の俺は何かの手違いで死んじゃったらしく、お詫びとして異世界?に転生させられたらしい…。
しかも、今から行く島はオスが生まれなくなったから繁殖繁栄のために島にいる女の子たちと子作りしないといけないとか。
急にそんなこと言われても意味わかんないんですけど。
てか、俺まだセックスとかしたことないのに…って、なに脱いでるんですか!!?

いきなり始まった異世界孕ませセックス物語!!【第一話】

その他のキャンペーンはこちら