『「絶対先生にバレちゃうよ…!」番犬彼氏の発情セックスで密着絶頂!(フルカラー)』新刊配信記念!

『「絶対先生にバレちゃうよ…!」番犬彼氏の発情セックスで密着絶頂!(フルカラー)』新刊配信記念!

こちらのキャンペーンは終了しました

作品一覧

その他

「部室でシたら皆にバレちゃうのにぃ!深いっ…気持ちいいっ!!」
――バスケ部副主将の島津壮太とマネージャーの立花沙耶は幼馴染で、周りには秘密(バレバレ?)の仲良し身長差35cmカップル。
壮太は普段部員の前では厳しいが、沙耶の前では「俺、言い過ぎたかな?」と反省をする弱気な一面も。
沙耶がそんなギャップにキュンときながら励ましていると、愛する彼女の甘い匂いに壮太は思わず発情!
「沙耶の汗も匂いも…全部俺のだから」
暴走した彼は止まらず、部室で沙耶を押し倒し優しく積極的に愛撫する。
誰か来ちゃうかも…ドキドキするけど壮ちゃんにしても気持ちいいぃ…
トロットロにほぐれた小さいアソコに彼の大きくてギッチギチのが"ズンッ!"と挿入って…!
中身が持っていかれそうな出し入れは、ミチミチだけど失神しそうになるほど快感で…!
――凸凹カップルの青春ドギマギきゅんエッチ!

その他

「私、コーチと付き合ってたの」
――催眠術を持つ家系に生まれた健吾。憧れの理沙先輩と付き合いだしこの世の春状態!先輩とあれこれしたい…と浮かれていたが、同時に懸念していることも。
先輩は付き合う少し前まで陸上部に所属していて、有望視される存在だったが何故か退部。
本人も陸上に未練がありそうで、辞めた理由が気になっていた。なんとなく探ってみるとちらつく男の影。
無闇に聞いてはダメ…と思うも堪え切れず、ついに催眠術を使って先輩が部活を辞めた理由を聞き出してみると、なんと顧問と付き合っていたことを語りだす先輩!
先輩の口から出る顧問との甘く激しい禁断愛に愕然としつつも聞くのを止められず…

その他

「も…もっと教えてください!」整体師として協会から表彰されるほどの腕を持つ主人公。しかし家庭では離婚が決まり、一人寂しく生活していた。そんな時、女子学園指定の整体師としてのオファーを受け、再起を決めた主人公。「いままでの言動とは逆の行動をすれば良かったのかも」と友人からの忠告の通り、これまでの自分を変えようとしていた。そこへ別れた娘の同級生が治療にやってきた。最初は基本的なマッサージをしていたのだが、少女は施術の気持ちよさと同時に感じてしまう。身体がおかしくなったと思った少女は「治してください」とお願いする。焦る主人公だったが「逆の行動」を実行するために少女に応えてしまう!

その他

「私…とんでもない子に手を出しちゃったみたい…」
彼の熱いモノで腹の奥までズップリと満たされる。
ダメなのに…本能が、身体が、彼のことを欲しがって…!?
――公園で退屈していた彼女はそこに偶然いた年下男子に興味本位で声をかける。
初々しい反応を返す彼にイタズラ心をくすぐられた彼女はそのまま彼をトイレに誘導。
そこで彼の硬くなったおち〇ちんを見て、我慢の限界!
慣れない快楽に必死に腰を振る姿にさらにイジメたくなってしまう…
それからも彼を暇つぶしのためにエッチに弄んでいると、次第に彼も積極的になってきて!?
お遊びのつもりで声をかけた年下男子の本気セックスで満たされ堕とされる!

その他

「先輩こんなところで…気づかれちゃうよ…!」
――野球部キャプテンのまーくんとマネージャーの凛子はチームメイトに内緒でお付き合い中。
普段あまりイチャイチャ出来ない分、二人きりの時は甘えちゃう凛子。
ギュッと抱き合うだけで心地いい…が、ヤりたい盛りの男子が我慢できるはずなく、こっそり部室で身体をまさぐりはじめる!
大好きな彼の前のめりな前戯に思わずキュンキュンしてしまう凛子。
「挿入るよ…いいよね…?」との声に頷くが、突然外に人の気配!
慌ててロッカーに入り身を潜める二人だが、さらに密着した身体にまーくんは興奮して…
そんな風に触られたら濡れてきて音が漏れちゃうっ…!
仲良しカップルのドキドキ青春ラブエッチ!

その他

「宮田くんがいじるから…っ、なんでも感じるようになっちゃったの…」
井ノ部はそう言いながらアソコを俺の股間に擦りつけ、俺からのお仕置きに期待に目を潤ませていた…。
――地味だが巨乳な図書委員の井ノ部とのワンチャンを狙っていた宮田。
彼女におすすめの本を教えてもらうことを口実に近づき、親しくなるがその中で一つ気になることが…。
それは、彼女が薦めてくる本にいつも過激な濡れ場があるということ。
そしてそれを指摘した際の反応に宮田は彼女がマゾだと確信し押し倒す!
しかし彼女は腰をガクガクと揺らして快楽に飲まれながらも口だけの抵抗を続ける。
痺れを切らした宮田は己のかたくなったソレを彼女に見せつけ…。

その他

「先生っ…今日もっ…ゴム…なしで…ナマがいいのっ、ナマのが気持ちいぃ~!」
――いやらしい汁でアソコをトロトロにして、中出しを懇願する早苗。
彼女は私の教え子で、アッチのほうも優秀な女子大生。
恋を知る前にカラダの悦びを覚えてしまった早苗にも、どうやら気になる「彼」ができたようだが…?
「あたし…誰を好きになっても…先生に抱かれたいの」「先生が…早苗のおま○こ、こんなにエッチにしたんだよぉ」
そして今日も私は、彼女の蜜壺をぐちゃぐちゃに犯してしまう…。
――教員と学生、おさななじみ、近所のお姉さん…どこか懐かしい、あざやかな恋とHの物語。

その他

「熱いのが…ナカに注がれてるよお…」――スポーツ強豪校の女子学園に転任した僕の仕事は、おちこぼれ生徒の指導をすること。
しかしその方法は、なんとセックス!
実は僕の精液には興奮剤にも似た作用がある事が分かり、それに目を付けた理事長に無理やり転任されたのだ!
少女たちの悩みを解消するため、狭いアソコをクチュクチュほぐして、ゆっくり挿入、奥まで注入!
最初はためらっていた少女たちも、狭い部室で蒸れた汗とムワッと広がるエッチな匂いに、次第に頭はトロンとしてきて…!?
キツいアソコをさらに絞めつけ、子宮は熱い体液をねだってくる…!
必死に頑張る彼女達を後押しするため…女子学園公認種付け指導…開始ッ!!

その他

「達也のより…全然大きいっ!」「剛士くん…すきぃ…」
橘と葵が俺の目の前で剛士を求めて喘いでる…こんなの見たくないのに目が離せない…!
ある日の放課後、体育倉庫の掃除をしている悪友・剛士を待っていた俺は、女友達の橘まりなに告白される。
突然の告白に驚いていると、体育倉庫で剛士と幼馴染の葵が裸で抱き合っているのを目撃!
告白に抱き合う友人達に…と動揺していると、隣にいた橘が俺のズボンを下ろし、咥えてきた…!
何が何だかわからないうちに剛士に見つかり、橘のことが好きだった剛士に復讐のように挿入される葵――!
橘はそれを見るや俺とセックスするが、イケなかったことを剛士に見破られ挿入されて――!
仲の良かった女たちがメスの顔をして悪友とセックスする様子を、何も出来ずに眺めることしか出来ない俺は…

その他

「出ちゃいそうになったら…言ってね」放課後の図書室で、大好きな同級生女子二人とゆっくりたっぷり性体験!
――ある寒い日、図書委員の三人は、寒さを紛らわせるために身体を寄せ合っていた。
大好きな女の子に挟まれた奥手な眉村君だが、二人からのアプローチで徐々に大胆になっていき…?
最初はキスさえ恥ずかしがったのに、アソコを指でいじったり、豊満なおっぱいにチ〇コを挟まれたり…。
お互いの身体を求め合う中、性に目覚めた三人の行為は過激に成長し、ついにはナマ中出しセックスまで発展する…!
放課後の図書室に充満する、生々しい女子の吐息と火照りと潤い。
しかしそんな彼らを遠くから見ていた女の子が一人……

その他

「私のここにご主人様の大きなおチ〇ポください」
――父親の勤めていた会社が倒産してしまい、望月ゆいの日常は変わってしまった。
しかし、そんな不幸の中でもゆいは前向きに大学費用を稼ぐことを決意する。
選んだバイトは『高時給』『初心者歓迎』『昇給有』とお金が欲しいゆいには魅力的ないいメイドカフェのバイト!!
面接予約をしてメイド服に着替えたゆいは店長の鈴木と常連の山田と実務訓練をすることに…。

「口の中…舐められて…頭がぼーっとする…」
ゆいは男性との性的な経験がなくキスもそれ以外も始めて!
エッチの方法を学ぶため愛撫をされていると…だんだんと身体がうずいてきて…奥に熱いものが欲しくなっていき――…。

その他

ジムのトレーナーをしている主人公の前に現れたのは、学生時代に片思いをしていた絢香…
以前よりも美しく、巨乳になった絢香は、主人公のことは一切覚えておらず、友人との旅行のためダイエット目的で入会してきた。
ショックを受けるもトレーニングを始めるのだが、タイトウェアで汗に濡れた絢香の身体に興奮して
思わず胸を揉んでしまう!「セクハラでしょ!」という絢香に対して主人公は「特別なトレーニングなんだ」と説得する。
納得した絢香に、トレーニングと称して次々と秘部を責める主人公!責められ続ける絢香はどうなってしまうのか!?
【※この作品は「瘦せた秘訣はセクササイズ~アソコをグリグリしちゃダメェ! 1~8巻」を収録した合本版となります。重複購入にご注意ください。】

その他

「お兄ちゃん…もうイッちゃうぅ…」
――浪人生のたけしは生意気な黒ギャル妹の美桜にバカにされ、悶々とした日々を送っていた。
そんなある日、叔父の本棚から催眠の本を発見する。
早速妹に試してみると、思いのほかあっさりと催眠にかかってしまった!
アソコをくちゅくちゅ弄っても体はピクピク感じているのに起きない妹。
そのまま『兄に欲情する』催眠をかけると、兄の顔を見た妹の体は高揚し、足をもじもじし始めた…
これって毎日、妹とヤリたい放題なんじゃないの!?
そう思いながら妹の体を堪能するたけしだが、妹の催眠のかかりやすさに、以前から催眠にかけられているのではないかと疑い始めた。
怪しいのは催眠の本を持っていた叔父だが…

その他

「付き合ってないのにセックスなんて駄目なのに…気持ちいい…!」
クラスの不良・馬場くんにいじめられている僕を住谷さんはいつも気にかけてくれる。
優しくて正義感の強い彼女に僕は惹かれていた。
しかし、最近そんな彼女は馬場くんとどうやら仲が良さそうで…。
いや住谷さんに限ってあんな奴と親しくなるわけなんてないよね…?
――しかし、馬場は着々とその魔の手を住谷に伸ばしていた…!
誰にも触れられたことのないアソコを指先でくちゅくちゅとかき混ぜられる。
目の前にいるのは、最近気になっている彼ではないのに…。
抵抗しようにもビクビクと知らない快楽に翻弄される体。
ずぷりと挿入された熱いソレは、痛いどころかむしろ…

その他

「ゴ…ゴム…つけてますよね?」。とある学園で起きた援交騒動…それを期に少年と少女の想いが交差する…!
――教育委員の父親を持つ勇太郎は、クラスの中では地味な少女、越田雅美に恋心を抱いていた…。
しかしこの少女…貧困する家庭事情により、その身体を売っていたのだ。
安客相手に股を広げ、脂ぎったオヤジ達の慰み者にされる毎日。
そんな中…今日やってきた客は、なんと、教育委員である勇太郎の父親だった!
正体がバレた彼女は、はした金ひとつで徹底的に凌辱され、服従心を植え付けられる…!
惚れた女が、毎日毎晩、父親の種付け性奴隷にされていることを知らない勇太郎は、今日も優しく彼女に微笑みかけるのだった…。

その他

「そんな激しく突き立てられたら…イクッ!」。絶倫度MAXの幼馴染に激しく抱かれ、今まで感じたことのない快楽が全身を襲う…。
――淡白で単純なエッチしかしてくれない彼氏に、欲求不満が溜まっていたカナは、ある日、男性の【絶倫指数】を測るアプリをインストールしてしまう。
興味本位でヤリチ○と噂の幼馴染を測ってみると…なんと数値を振り切って計測不能!
その日から、そいつの事が気になって仕方がない!
しかも「お前、溜まってんな?」と見抜かれてしまい…!?
ヤリチ○幼馴染の指使いに乳首は勃起し、ヌルヌルに濡れたアソコはヒクヒクと痙攣する…。
そして、ついに計測不能の滾ったアレが、カナの中へと…。

その他

「今から2時間…私の体でいっぱい性欲発散していいわよ~!」
夕焼けに照らされる教室で、ジュプジュプと性器のこすれ合う音が響き渡る!
――学園のみんなから「委員長」と呼ばれる直実楓は、真面目で規律に厳しい女子生徒。
しかし、そんな彼女には裏の一面があった!
普段の姿からは想像できない、エッチ大好きのスケベ女だったのだ!
放課後、彼女とヤる為に集まった男子生徒達と酒池肉林!
乳首を弄られながら、くぱぁっと開いたアソコに何本ものチ〇ポを代わる代わる突き刺さして行く!
「終わったら順番に交代ね…」学業とセックスを両立させ、ルールを守って大乱交!
新機軸『真面目ビッチ』ここに降臨!

その他

「あっ…ナカで出てるのが分かる…」憧れの彼女と、ゴム無しの生ハメセックス!
――クラスの男子から絶大な人気を得ている有村結衣さん。
そんな彼女と、奇跡的にも、二人だけの勉強会をする事になった僕…!
おっぱいが気になって勉強に集中できないでいると、有村さんもそれを察したのか、なんだかエッチな雰囲気に…!?
高まる鼓動、二人だけの時間…彼女の豊満なおっぱいを愛撫し、ピンク色の乳首をコリコリすると、彼女の口からは熱い吐息が…。
憧れの彼女とまさかこんな関係になるなんて!
これから起こる幸せな毎日を想像するもしかし、彼女にはとんでもない秘密があった…!

その他

『お兄ちゃんなら、中に出してもいいよ…』
工業科に進学したJK妹がとんでもなくエロいことになっていたなんて!
自分よりも優秀な妹に嫉妬し、劣等感から心を閉ざし引きこもってしまった主人公。
そしていつからかお兄ちゃん大好きっ娘だった妹は豹変し、冷たい態度をとるように…。
そんなある日、妹の部屋で見つけたのはお手製『大人のおもちゃ』!
しかもその型は…『俺のアレ』!?
嫌われていると思っていた妹の本当の気持ちに気付いた兄は禁断の行動に!
汚れを知らないJKのカラダを兄の肉棒が貫き、妹の性器はイヤらしい液体をたれ流していく。
互いに初めて知る"快感"、そしてそれは長年求めて手にいれられなかったモノ。
たがが外れた兄妹は、実家や校舎と所構わずセックスにおぼれて…。
『お兄ちゃん…大好き…』

その他のキャンペーンはこちら