【新刊配信】『悪女が恋に落ちた時』応援したくなるロマンス&ドラマ、無料など

【新刊配信】『悪女が恋に落ちた時』応援したくなるロマンス&ドラマ、無料など

こちらのキャンペーンは終了しました

作品一覧

ファンタジー・SF

ある夏の日…前世で読んでいた小説で大ファンだった優雅で孤高な『悪女』ルペルシャ皇女に転生してしまった私。
魂をむしばむ不治の病にかかっているルペルシャ皇女だが、治療法があることを本人から教えてもらい、血を吐きながらも思う存分オタ活を満喫することに――!!
そして、自分と推しキャラたちの破滅エンドを回避するために奔走するのだが…!?

クールビューティーとイケメンたちが繰り広げるラブファンタジー!

その他

愛読していた小説がエンディングを迎える前に連載中止…それも一番いいところで!悪役の最後を期待していたのに…
ところが、目が覚めると私がその小説の悪役小姑に!?
せめて男主人公とか、エキストラだったらよかったのに!
このまま原作通りに最愛のヒロインをいじめるわけにはいかない!ヒロインと仲良くしなくちゃ!
でもすでに深まった溝をどうやって修復すれば…よりによって何で義妹なのよ!?

ファンタジー・SF

ジャヴォット姉様は、本当はとても優しいのですよ?
私「ジャヴォット・ウィンジェストン」は、19歳で義父の財産を相続しウィンチェストン家の主人となった。
だけど、「家のことはお母様がやってくれるだろうから、私は一生ダラダラ気楽に生きればいいんだよね」
…と喜んでいたところで、死の危機に直面してしまう。そこで、人生のプランを組み直すことにした。
「これからはこの私が、ウィンチェストン家の本当の主人になる!」
ウィンチェストンの富も名誉も、私の妹たちの将来も、
舞踏会で一夜を熱く過ごした彼との義理も、全てこの手で守って見せる!

ファンタジー・SF

神聖帝国の聖女の娘であるレティシャは、幼い頃から母に虐げられて育ち、かつて母によって家族を殺されたゼノス公王のディトリアンと結婚することになる。彼を半年以内に殺さなければ自分が死ぬという呪いを母にかけられたりと望まぬ結婚だったが、彼の優しさに触れ、次第に慕い始めるレティシャ……。だが、神聖帝国が突然公国を攻撃し、ディトリアンは死んでしまう――。優しい彼を守ってあげたかったとずっと祈り続けたレティシャは、気がつくとディトリアンと結婚する前の過去に戻っていて――!愛する人を救うため、運命に抗う少女たちの両想いですれ違い!?ラブファンタジーがついに登場!!

ファンタジー・SF

イデンベル帝国の皇女アリサには腹違いの妹マリアンヌがいた。 金色の瞳を持ち誰からも愛される華やかな妹に対し、アリサは使用人からも冷遇されていた。
ある日、 アリサがマリアンヌをお茶に招待したが、突然マリアンヌが血を吐き倒れてしまう。 家族からもアリサが嫉妬して毒を入れたと決めつけられ、彼女は死刑に処されることにーー。もう人間には生まれ変わりたくないと神に願ったが、アリサはライバル国・エルミール帝国の皇女アイシャとして転生してしまう。 前世と正反対の愛情深い家族。特に腹違いの兄・イシスにやすらぎを感じ次第に心を開いて行く。 精霊使いの能力を持ち、賢く優しい少女へと成長するアイシャは、前世の残酷な記憶を乗り越え再び光の中で輝けるのか!?

ファンタジー・SF

常に仮面を被っている、ハルステッド城主・エルデン。
彼はデビルハンターとしても有名なのだが、人々に、仮面の下は醜い怪物だと思われていた。
そんな風に思われている自分と離れるように、エルデンは妻であるレティ―シャに言うが、レティ―シャはけして離れない。
なぜならば…エルデンの素顔は……すさまじい美男子だった!?
大人気ラブファンタジーコミックス!!

ファンタジー・SF

セニヤの人生の目標は平和だけど退屈な田舎を出て新しい人生を生きていくこと。
ある朝、彼女の前に寝間着姿の涙もろい男が現れ、土下座でプロポーズ!
「どうか私と結婚してくれ」
その正体は地位のために家族を皆殺しにした悪名高いテサル公爵だった!涙を流しながら何でもしてあげるから結婚だけしてくれという公爵!一体どうしたらいいの!?

その他

目を覚ますと、夢も希望もない復讐を描く小説『冬の森の主』の世界で
主人公であるルカをイジメる叔母のユディットに憑依していた私…。
小説通りなら最初の犠牲者になってしまう私は、
結末を変えるべくルカに歩み寄るが、なんの進展もなく
1か月が過ぎてしまう!
そうこうしているうちに、ルカの叔父であるリューディガーがやってきて、
物語がスタートしてしまうのだが…!?

ジャンル変更!?のドタバタ異世界ファンタジー開幕!

恋愛・ラブコメ

小学6年生の女の子が3年生の男の子を好きになるなんて! あの頃、三つ下の男の子を好きになることでいじめられるのが怖かった遥は自分の気持ちを隠して、三つ下の男の子の代わりに中学生だった彼の兄が好きだと嘘をつく。それにも関わらず、勇気を出して自分に告白したあの男の子…。彼の告白には答えられなかったまま、彼は引っ越してしまう。20年近く会ったことも思い出したこともなかった、と思っていた。しかし、30歳になった誕生日の朝思いついてしまったのだ!自分が無意識的に好きだった男は全員彼と似ていたことを!一瞬に私を17年前の夏に甦らせたあの子。今はどこでどう過ごしているんだろう。彼も私のことを憶えているかな。

その他のキャンペーンはこちら