孤独のグルメ

あらすじ/作品情報

久住昌之「あとがきにかえて」から 入ったことのない飲食店に入る時、ある種の「勇気」がいるのはなぜだろう。 別に黒塗り壁の料亭にフリで入ろうというのでも、ネクタイ・ジャケット着用してない人お断りのフランス料理店に飛び込もうというのでもないのに、だ。 単なる、いや単なると言っちゃ失礼だ、どこにでもありそうな、レバニラ炒め定食680円冷や奴付きなんてメニューの定食屋、半ちやんラーメン600円なんていうラーメン屋、そういう店に、しかし初めて入ってみようかどうしようか、という時の話である。……(中略)…… ひとりで入るコワサを、ビクビクしてる自分をわかっていながら、イイ店を見つけた時の喜び、早く人に教えたい…でも教えたくない、という気分。それが、グルメガイド読んで店の外にゾロゾロ並んで食う連中にわかるものかバカヤロー!

タイトル
孤独のグルメ
作者
ジャンル
青年料理・グルメ
掲載誌
出版社
扶桑社
配信数
2巻配信中

お得☆無料・割引特集

お得作品をもっと見る

最近チェックしたもの