ドS彼特集
疲れた身体にドSな彼の刺激はいかがですか?☆
  • 看守
  • 身体検査

「このままじゃ…イク…」看守の執拗な身体検査

「こんなに濡らして…検査で感じているのか?」イきたくないのに何度もイかされて、私のカラダ…おかしくなっちゃう…――無実の罪で刑務所に収監されてしまった陽菜。そこで待っていたのは、冷酷な看守・明神亜貴による、性的支配だった…。繊細な指づかい、卑猥な舌先、無慈悲に快感を与えつづける玩具…。身体検査で、牢獄で、そして恋人との面会中まで…どんどん淫らな身体に調教されていく私のカラダ。助けて、もうイきたくない…!

この作品を読む

  • 先生
  • お持ち帰り

AM2:00、先生にお持ち帰りされた夜。

「大人をからかうなよ」軽く煽ったつもりが先生に押し倒され、教えられたハジメテの快感…!!両親が旅行で留守の夜、友達に誘われて訪れたクラブ。強引なナンパから助けてくれたのは…憧れの先生!?終電を逃し、両親も留守なことを告げると「見逃せるわけないだろ」と家へ連れて行かれてしまう。無防備な身体が先生の責めに反応しトロトロになっていく夜。知らなかった先生の表情、仕草、体温。一度限りの関係に思われたが、次の晩も偶然再会してしまった2人は再び夜を共にすることになり――

この作品を読む

  • ラブホ
  • 上司

イジワル上司は、ラブホで牙をむく

野獣化した上司に、ラブホで襲われる!?こんなの悔しくて恥ずかしいのに…奥まで弄られたら、溢れる蜜が止まらなくて…。――デザイン会社に勤める私は、厳しい上司・城戸さんに叱られてばかりの日々。そんなある日の残業帰り、偶然、城戸さんがラブホテルに入っていく姿を目撃してしまう。しかも相手は男性だった!鬼の城戸さんがゲイだったなんて大スクープ!!…だと思ったのに、「あいにく俺は男じゃなくて女が好きだ」と何故か私が押し倒されちゃって…。ヤダ…まさか城戸さんにイかされることになるなんて…!!

この作品を読む

  • 元カレ
  • 再会

お預けエッチ-淫らに焦らされて

ヒクヒクするアソコをいっぱいイジられて…それなのに、イくのはお預け!?――有名雑誌の表紙を飾る期待の若手ピアニスト・沢泉奏――彼は、学生時代の私の元カレ。あの頃はエッチもさせずに、奏の将来のために私から一方的に別れてしまった…。数年後、出版社に勤務していた私はインタビューで奏と運命の再会!あの頃と変わらない、強引だけど、とろけるような愛撫……抵抗も出来ずに、イっちゃう…!というところで「はい、お預け」とニッコリ。「だってこれは、復讐だから」淫らに焦らされて、もう我慢出来ないよぉ…!

この作品を読む

  • 上司
  • ラブホ

帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

「ごめん…俺我慢できないかも」誰にも触れられたコトのない秘所を舐められ、溢れだす蜜。こんなのダメってわかってるのに、どうして拒めないの!?――地方へ出張にきた皐月とその上司・理人。理人は女子にモテモテだけど、女の子好きで八方美人。そんな彼を苦手に感じていた皐月だが、その日、皐月のミスで飛行機を乗り過ごしてしまう! そこは周りを見渡す限り、人気もなく車も通らない田舎町。しかし途方に暮れる2人の前にはラブホテルがあり…!?

この作品を読む

  • 大人のオモチャ
  • 先生

大人のオモチャ、没収されちゃった!~使い方教えてやるよ~

「こんなイヤらしい顔もできるんだな」放課後の教室、先生にローターを当てられて…腰が勝手に動いちゃう…っ!―生徒に人気があって、授業も楽しい柊先生。そんな先生に憧れて、知香は学級委員長に。淡い恋心は胸に秘めたままのはずだったが…そんなある日の持ち物検査、問題なく終わるはずだったのに、知香のカバンにはさっきまで無かった大人のオモチャが!しかも没収された大人のオモチャを使って居残り授業が始まって…「教えてやろうか、コレの使い方」

この作品を読む

  • ペット!?
  • ドS‼

彼はドSペット★淫らに躾けてッ

「ご主人様は黙ってペットの俺に慰められてろ」ペットな男子に強引にえっちな躾をされて、ウブなカラダは限界寸前~!!――宝くじが当たった由莉はかわいい犬を飼おうとペットショップへ。ところがそのペットショップで押し売られたのは、犬ではなく、なんと「ペット男子」!しかもお店では優しかったはずのペットは、連れて帰るとドSに豹変!玄関先で突然処女を奪われて…!?

この作品を読む

  • 召し使い
  • 奴隷

檻の中、私は淫らに壊される。

いやらしく躰を舐められ、愛撫されるために引き取られた私――初めての快楽に堕ちていく…この家からはもう、逃げられない……!孤児院で育った詩織は、ある日、櫛笥(くしげ)というお金持ち一家に引き取られることに。迎えに来たのは、かつて同じ施設で一緒に暮らした憧れの男性・久遠だった。昔の優しい雰囲気とは異なり、冷たく無表情なその様子……でも、これで家族として暮らせる。そう思っていたのに、久遠はただの「召し使い」、そして、自分もまたこの家の兄弟達の相手をするために呼ばれたことを知り――!?

この作品を読む

© いづみ翔/WコミックスZR
© 晴瀬リン/WコミックスZR
© 朔也・uroco/WコミックスZR
© 鳩尾えぐる・uroco/WコミックスZR
© 七星てんと・uroco/WコミックスZR
© 七海かずさ/WコミックスZR
© 香琳・uroco/WコミックスZR
© はながたみあや/WコミックスZR